新着情報

パーマってこんな感じでかかってるんです。つくばの美容室suplisです。

2018.9.10

おはようございます。

本日は少しマニアックなパーマの仕組みがお題です。

何気なくかけているパーマですが実はいろいろな結合に上に

成り立っているんです。

ご興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

 

本日はスタイリストの早川がお休みを頂いております。

 

10日の予約状況です。

本日も沢山のご予約ありがとうございます。

本日はお時間帯により当日予約も可能となっております。

朝のお時間と夜のお時間がやや混合っておりますので

宜しくお願い致します。

tel 029-828-7913

※朝の時点での予約状況です。

ネット予約で予約不可の場合でもお電話でしたら

お取りできる事もございます。

お急ぎの方はぜひお電話でご予約頂けると幸いです。

 

ちょっとマニアックなパーマのお話です。

パーマを原理を理解する上で

知っておいた方が良いのは髪にはいろいろな結合がある

ということです。

髪は毛4つのつながりでできています。 専門用語で言うと

「ぺプチド結合」「s-s結合」「イミン結合」「イオン結合」

「水素結合」・・・・難しそうでよね。 その違いは、

それぞれ結びつく強さが違うってことなんです。

一番弱い結合が「水素結合」です。

髪をウェットな状態にすると結びつきがきれ、

ドライにするとまたつながります。 ドライヤーでカールしたり、

ストレートになったり・・・・。

ブローで形が変わるのは、この水素結合 よるものです。

たとえるならクラスメイトのような、顔見知りの結びつきです。

これよりも強く結びつくのが「イオン結合」。

髪が痛んでph(ペーハー)のバランスが崩れつと、

結びつきが切れてしまいます。 ちょっとした恋人同士みたい?

ちなみにphとは、アルカリ性か中性、 酸性化を表すものさしのようなものです。

弱酸性といわれるph4.5~5.5は髪のイオン結合がとても安定した状態になります。

さらに強い結合が「s-s結合」です。

この結合を利用するのがパーマです。

1剤で結びつきが切れて2剤でつながります。

けんかをしたり仲直りしたり、夫婦のような関係とい えますね。

そして「ペプチド結合」は、髪の命のような結びつきです。

1この結合が切れてしまうと、二度とは元には戻りません。

親子のように、絶つことのできない関係です。

髪のスタイルが決まる理由は、こんな力が働いているんですね。

キャンペーン

WEB予約

WEB予約

<ご注意>
ネット予約の場合、予約時間に余裕をもってお取りしております。
ネット予約上で予約不可の場合でも、お電話で詳しい施術内容を確認
させて頂く事で、予約をお取りできる場合も多くございますので、
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。

スタイルコレクション

スタッフブログ

スタッフ募集

つくばの美容室フェイスブック つくばの美容室ツイッター つくばの美容室インスタグラム

Return to top

© 2014 つくば 美容室 美容院 suplis hair design