Q&A

髪は何からできているのでしょう?

2014.3.12

こんにちはつくばの美容室suplisの篠原です。
今日は髪は何からできているのかってっていうお話です。
髪は主にたんぱく質からできているんです。このたんぱく質をさらに細かく分解していくと、
アミノ酸という小さな単位になるんです。
とても小さなアミノ酸が、まるで幼稚園の子供みたいに仲良く手をつないで、これが2~100個
集まるとPPT(ポリペプチド)になります。また、アミノ酸が100個以上集まると
たんぱく質になるんです。人間の体を作るアミノ酸はたった20種類ですが、
その組み合わせ、手のつなぎ方によって、約10万種類のたんぱく質ができます。
そのたんぱく質もおおきく2つのタイプに分かれます。髪は爪や肌の角質層と同じ
「ケラチンたんぱく質」という硬い種類のたんぱく質でできています。肌や内臓は
「コラーゲンたんぱく質」といった柔らかい種類のたんぱく質なのです。学校のクラス
によってカラーが違うように「たんぱく質」もいろいろな個性があるんです。
suplisでもパーマやカラーリングをする時にたんぱく質をたくさん使います。
それにもいろいろな種類があって求める質感やダメージ具合に応じて使い分けているんですね~。

髪はどうして傷むのか!?

2014.3.10

こんにちは、つくばの美容室suplisの篠原です。
今回は髪はどうして傷むのか?というお話です。
髪のダメージはキューティクルの損傷から始まるんです。
ブラッシングやカラーなどでキューティクルがはがれ、養分が流れ出し、
内側の痛みへと進んでいきます。
以前、髪はタンパク質でできていることを説明しましたが、
パーマやカラーに含まれるアルカリという成分は
タンパク質の結びつきを分解してしまいます。
その結果、内部のタンパク質が失われ、髪の保湿性がなくなり、
放って置くとダメージにつながってしまんですね。ダメージの種類を整理すると、
いろいろな原因があることがわかります。毎日のシャンプーやブラッシング
髪を乾かすときのドライヤーの熱やブローの仕方といった、日常のシーン。
紫外線、プールなど季節ごとのレジャー、美容室でのカラーやパーマなど。
外側のキューティクルが痛んでも、内側の間充物質が傷んでも、
髪はダメージを受けてしまうことに。内側からも外側からもトータルにケアすることが大切ですね。

健康な髪とは?

2014.3.9

こんにちはつくばの美容室suplisの篠原です。
今日は健康な髪についてお話します。
髪をのり巻きに例えるとします。ご飯にあたる部分をコルテックスと呼びますが、これが髪の
健康状態を大きく左右しています。
髪のコルッテックスには繊維状のタンパク質とこれを束ねる間充物質があります。
細い毛がよられて毛糸ができるように、たくさんの繊維を、間充物質が接着剤のような
役目を果たして髪を成り立たせているのです。
髪の中に間充物質がしっかり入っていれば、潤いや弾力性があり健康といえる状態です。
この間充物質がキューティクルのすき間から流れ出てしまうと、髪の保湿性、弾力性が失われてしまいます。
間充物質はケラチンタンパク質の中でもやわらかい性質で、外からの影響を化学反応を受けやすいデリケートな存在です。
髪は毛先に行くほどたくさんの影響を受けて、間充物質の量が減っているのです。
カラーもパーマも間充物質がきちんとあって始めて、きれいに作用します。とても大事な役目を持っているんですね。
suplisではこういった間充物質もきっちり補給しながら施術します。
髪の毛の状態、ダメージ具合、履歴をきちんと把握したうえで最適なたんぱく質を補給しますのでいつもよりも色持ちが良かったり
髪のパサつきが少なく感じたりして頂けると思いますよ。

髪は水でも傷みます。

2014.3.9

こんにちはつくばの美容室suplisの篠原です。
今日は髪と水の関係です。
今は、毎日シャンプーをする方がほとんどだと思います。
でも、髪って水でも痛むんです!弱酸性で安定する性質の髪は、
弱アルカリ性である水に触れるとphが変化してタンパク質と
タンパク質に隙間を生んでしまうのです。この隙間に水が入り髪を含まらせ、
キューティクルが開いてしまうなど、髪を不安定な状態にしてしまいます。
では、このphとは何か?一言で言うと、アルカリ性・酸性といった水溶性の
性質を図る”ものさし”。phは1~14までの値があり、真ん中のph7が
「中性」酸味の代表レモンはph2~3で酸性、石けん水はph9~10でアルカリ性となります。
日本の水道水の平均値はph7.8で弱アルカリ性。髪はアルカリ性に傾くと
キューティクルが開くという性質があります。パーマやカラーはこの性質を利用して、
髪をアルカリ性にすることで変化を起こしています。
でも髪が傷むからシャンプーをしないってわけにはいかないので
水で濡れたりシャンプーをした後は、髪に優しくしてあげてくださいね。
基本ケア

  1. シャンプー
  2. トリートメント
  3. アウトバストリートメント
  4. ドライヤー

をしっかりするだけでも全然違います!!

髪の健康診断(自宅編)

2014.3.7

ご自分の髪のコンディションって気になりますよね~。人それぞれ多少の違いはあるものの、髪のコンディションをご自宅で見分ける方法として、ある程度の長さがあれば家庭で手軽にできる実験をご紹介しましょう。抜け落ちた髪をコーヒーカップの取っ手に結んで持ち上げてみてください。健康で強い髪はおよそ100~150グラムの重さを持ち上げる力があります。これが普通のコーヒーカップぐらいの重さです。カップが持ち上がれば、髪に強さは合格です。持ち上がらずに切れると髪が弱っている証拠です。また、健康な長さ20センチの髪の場合、引っ張ると30センチくらいまで伸びますが、これがプチップチッて中で切れる感じだったり、ゴムのように ビヨーンと伸びてしまう・・・。これも弱っている目安になります。参考として髪の基準となる一般的な指標をまとめました。

1 太さ・・・・・・・50~100ミクロン

2 本数・・・・・10万本前後

3 水分・・・・・11~13%

4 強度・伸度・・・・・100g~150g   40~60%

5 熱の作用・・・・・110℃でもろくなる

6 主成分・・・・・ケラチン

7 ph・・・・・4.5~5.5

8 化学作用・・・・・賛成には比較的強く、アルカリに弱い ヘアカラーやパーマでダメージを受けやすい。

是非参考にしてみてくださいね。

まっすぐな髪とくせ毛ってどこが違うの?

2014.3.3

こんにちは、つくばの美容室suplisの篠原です。
今日はくせ毛になる理由です。髪の毛の中の悩みで多いのがやはりくせ毛、ボリューム出ちゃうし、湿気があるとまとまらない!
そもそもまっすぐな髪とくせ毛ってどこが違うの?ってお話です。
くせ毛は毛根の影響が大きいのです。毛根が頭皮に対してまっすぐではなく曲がっていると、髪は曲がったまま伸びてねじれたくせ毛になります。日本人はこのタイプが多いのです。もうひとつ、曲がって生えてきた髪は、キューティクルの内側のコルテックスに、水を吸いやすいタンパク質と水をはじくタンパク質の2種類ができてしまいます。髪が水分を含むと、水を吸いやすい部分は伸びるけれど、水をはじく部分は伸びにくい・・・。と髪の中で伸び方の差ができてしまい、髪のうねりや縮みとなって現れるんですね。また、髪は毛穴の形にそって生えてきます。。その髪の約90%はだ円で、まん丸の髪は10%程度にしかすぎません。ちょっと以外でしょう?まん丸の髪の比率が多くなると、痛みにくいという傾向もあります。あなたも私も、ほとんどの人がくせをもって生まれてくるんですね。ただくせ毛が悪いってわけではありません、自分の髪のクセを上手に利用してスタイルを作るのが大切です。

人によって美容室にかかる時間が違うのはなぜ?

2014.3.2

つくばの美容室suplisの篠原です。今日は「パーマやカラーって時間かかるっ!」って思ってらっしゃる方多いんじゃないんでしょうか?
でもそれにはしっかりとした理由があります。
パーマやカラーの放置時間が予定よりも長かったり、短かったりすると、何となく不安・・・。そんな気持ちになる人、結構多いかもです。でも大丈夫です。、ひとによって個人差があるのは、キューティクルの枚数の違い、髪の太さの違いがあるからなのです。キューティクルは普通5~6枚がうろこ状に重なり合っているんですが、枚数の多い場合があります。すると、ダメージとは関係なくパーマがかかりにくい、プリーチしにくい、傷みにくいといった違いが出てしまうのです。
冬の重ね着のようにしっかりと体を包んでいると、脱ぐのにも手間がかかるというワケです。特に髪が太い人の場合キューティクルは厚くてしっかりとしています。反対に髪の細い人は、キューティクルのバリア機能が弱く、ダメージを受けやすいタイプです。
年をとると髪が傷みやすく感じるのは毛が細くなって行くからでしょうね。そして、髪の「太い・細い」が「硬い・柔らかい」という感触の違いになるのです。人の髪がそれぞれ違うように、髪にもそれぞれの個性があるということですね。suplisでは、そういった個性を観察して、技術や薬液の選び方を変えていますので、時間に差がててしまうのです。分かって頂けるでしょうか?宜しくお願いします。

傷んでいますがパーマはかかりますか?

2014.3.1

現状の髪の状態を見てパーマ剤やカラーの種類を使い分けたり、ケアを変えるのがプロの美容師です。ダメージの状態によってはパーマやカラーにドクターストップをかけることもあります。もちろん、無理して施術することは不可能ではないけれど、すぐにパーマがとれてしまったり、痛みがひどくなったりしてしまうことも。髪のコンディションをキープしてスタイルを長く楽しんでほしい、あとで残念な思いをしてほしくないって、suplisは考えています。そんなプロの目から見た、現在未来を考えるのがプロフェッショナル。ダメージがない方にアルカリ性の強いアルカリ性のパーマを使ってもウェーブが出なかったり、同じパーマ剤を髪のダメージが大きい方に使うと負担が大きくて髪が悲鳴を上げたり・・・。五感をフル活用して髪の状態を見分ける目こそ、プロならではの極意なのです。suplisではカウンセリングにて現状の髪の状態にパーマやカラーリングをした場合のメリット・デメリットをしっかりお話させていただいた上、施術させて頂いております、お客様との合意の上で今できる最高の施術をできるように心がけていますのでご安心してご相談くださいね。

キャンペーン

WEB予約

WEB予約

<ご注意>
ネット予約の場合、予約時間に余裕をもってお取りしております。
ネット予約上で予約不可の場合でも、お電話で詳しい施術内容を確認
させて頂く事で、予約をお取りできる場合も多くございますので、
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。

スタイルコレクション

スタッフブログ

スタッフ募集

つくばの美容室フェイスブック つくばの美容室ツイッター つくばの美容室インスタグラム

Return to top

© 2014 つくば 美容室 美容院 suplis hair design