新着情報

ダメージヘアにパーマやカラーリングするのに大切なこと・・・。つくばの美容室suplisです。

2019.1.25

おはようございます。つくばの美容室suplisです。

本日のテーマは

「ダメージヘアにパーマやカラーリングするのに大切なこと・・・。」です。

カラーリングやパーマをしたいけどダメージが心配・・・。

もちろんリスクもありますので、その場合はしっかりとお伝えさせて頂きます。

しかし、ダメージヘアを施術するに当たってタンパク質やアミノ酸

などの栄養成分をふんだんに補給することで解消されることもあります。

ご興味のある方はぜひ最後までご覧になってくださいね。

 

本日の予約状況です。

本日も沢山のご予約ありがとうございます。

本日は担当・メニューにより当日予約が可能になっております。

お時間はメニューにより異なりますので詳しくはお問い合せくださいね。

tel 029-828-7913

※朝の時点での予約状況です。

ネット予約で予約不可の場合でもお電話でしたらお取りできる事が多くなっております。

ご希望のお時間にお取りできない場合はお電話でご確認くださいね。

 

本日のテーマ「ダメージヘアにパーマやカラーリングするのに大切なこと・・・。」です。

傷んでいる髪は、キューティクルの内側にある間充物質が髪がら流れ出てしまい、

スカスカと穴が開いた状態になっていますショック!。ポーラスヘアは弾力がなく、

この状態で髪全体に同じようにパーマをすると、

毛先と根元ではかかりにむらができてしまいます。カラーについても同様です。そこ

で、ポーラスヘアーの穴の部分にトリートメントでたんぱく質を補い

一時的に穴をふさいであげましょうふた。たとえば、

満員電車だとなかなかホームに降りられないけど、空いている電車からはスムー

ズに出ていけますよね山手線。パーマやカラー剤が簡単に出ていかないように、

髪を満員電車の状態にする必要があるってことです。もちろん、

せっかくふさいでも水で流れ出ては意味がないので特に傷んでいる

毛先を中心に油性のトリートメントで包んであげることもポイント。すると、

皮膜効果でキューティクルを保護するクッション段ボールの役目も兼ねて、

薬剤に負けない状態へと髪をリセットしてあげることができます。

少し専門的なお話を付け加えると、タンパク質には様々な大きさがありま

す。同じく、髪のダメージ(穴の大きさ)も様々ですもぐら

小さな穴に大きなたんぱく質を補おうとしても入らないし、

大きな穴に小さなたんぱく質を補ってもふさげない・・・・・。

これを見極めて補給するのもプロの技です。

suplisでパーマやカラーリングをされる方にはほぼ全員の方に

このタンパク質を補給しております。(ダメージを未然に防ぐため)

もちろんパツパツの健康毛で必要ない、かえってパーマやカラーの薬剤を

阻害してしまう場合は除きます。

ですから安心してパーマやカラーを楽しんでもらえます。

ダメージレベルが高すぎていくらタンパク質を補給しても

足りない、もしくは髪の繊維がすでに修復不可能な場合もございます。

その場合もしっかりとご説明さえて頂きます。

無理にパーマやカラーをすると帰って髪が綺麗に見えない結果になってしまうことも

あります。それではパーマやカラーリングをする意味が無くなってしまいます。

綺麗な髪があってのヘアスタイルです。

ぜひお気軽にご相談くださいね。

キャンペーン

WEB予約

WEB予約

<ご注意>
ネットで予約の場合、予約時間に余裕をもってお取りしております。
ネット予約上で予約不可の場合でも、お電話で詳しい施術内容を確認
させて頂く事で、予約をお取りできる場合も多くございますので、
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください。

スタイルコレクション

スタッフブログ

スタッフ募集

つくばの美容室フェイスブック つくばの美容室ツイッター つくばの美容室インスタグラム

Return to top

© 2014 つくば市の美容室 美容院ならサプリス suplis