当店の新型コロナウイルス対策について

たかが水、されど水。髪は水でも傷みます。

毎日シャンプーをする方がほとんどだと思います。でも、髪って水でも痛むんです。

弱酸性で安定する性質の髪は、弱アルカリ性である水に触れるとphが変化してタンパク質とタンパク質に隙間を生んでしまうのです。この隙間に水が入り髪を含まらせ、キューティクルが開いてしまうなど髪を不安定な状態にしてしまいます。

では、このphとは一言で言うと、アルカリ性・酸性といった水溶性の性質を図る「ものさし」。phは1~14までの値があり、真ん中のph7が「中性」酸味の代表レモンはph2~3で酸性、石けん水はph9~10でアルカリ性となります。日本の水道水の平均値はph7.8で弱アルカリ性。

髪はアルカリ性に傾くとキューティクルが開くという性質があります。パーマやカラーはこの性質を利用して、髪をアルカリ性にすることで変化を起こしています。でも髪が傷むからシャンプーをしないというわけにはいかないので水で濡れたりシャンプーをした後は、髪に優しくしてあげてくださいね。

基本ケア

  1. シャンプー
  2. トリートメント
  3. アウトバストリートメント
  4. ドライヤー

をしっかりするだけでも全然違います!!

Profile
Kenichi Shinohara

suplis hair design 店長の篠原です。
お客様のヘアスタイルからライフスタイルまで、快適にそして楽しくなるようなご提案が出来ればと思っております。
幅広いスタイル提案と手入れのし易いヘアスタイルを心がけていますので是非、一度ご相談ください。

Blog
つくばの美容室 suplis hair design
タイトルとURLをコピーしました