当店の新型コロナウイルス対策について

シャンプーは使っている界面活性剤で選ぶのがオススメです。

ドラックストアーなどでは、数多くのシャンプー剤が並んでいます。

みなさんのシャンプーを選ぶ基準ってなんですか?

おススメは「使っている界面活性剤で選ぶ」です。

界面活性剤=洗浄成分

どんな洗浄成分を使用しているかで、洗い上がりや髪や頭皮への刺激、補修効果などが変わってきます。

シャンプー容器の裏面に記載されていますので、一度チェックしてみてください。

アルコール系界面活性剤(石油系)

洗浄力:◎ 刺激:× アレルギー:× 補修力:×

記載例:ラウリル硫酸~、ラウレス硫酸~、パレス硫酸~、オレフィンスホン酸~、スルホコハク酸ラルリル~

安価でお求めやすいのですが、基本的にはあまりお勧めではないです。洗浄力が強すぎる上に髪や肌への刺激が強すぎるように感じます。とくにダメージのある髪にはお勧めできません。髪を綺麗に見せるため、余分なシリコンや油分が多く含まれている場合があります。

アミノ酸系界面活性剤

洗浄力:○ 刺激:○ アレルギー:○△ 補修力:○△

記載例:ラウロイルアスパラギン酸~、ココイルグルタミン酸~、ココイルメチルタウリン~、ラウロイルメチルアラニン~、ラウロイルサルコシン~、ココイルグリシン~

アミノ酸ベースの界面活性剤で低刺激で補修効果もあります。お勧めの界面活性剤だと思います。とくに髪が傷んでしまっている方には補修効果も期待できるのでお勧めとなっております。

両面界面活性剤

洗浄力:○△ 刺激:○ アレルギー:○ 補修力:△

記載例:コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸~、ラウロアンホ酢酸~

使う界面活性剤により違いがありますが、刺激性洗浄力とバランスがとれた界面活性剤かと思います。こちらもおススメの界面活性剤です。

石鹸系界面活性剤

洗浄力:◎ 刺激:△ アレルギー:◎ 補修力:×

記載例:ラウレス酢酸~、ラウレスカルボン酸~、ヤシ油油脂脂肪酸~、石鹸素地~

男性の方(油分の多い方)特にアレルギーやお肌が弱い方に向く洗浄成分です。

たんぱく質系洗浄成分

洗浄力:△× 刺激:◎ アレルギー:○ 補修力:◎

記載例:ココイル加水分解ケラチンK、ラウロイル加水分解シルクNa、ラウロイルシルクアミノ酸K、ココイル加水分解コラーゲンK、ココイル加水分解ダイズタンパクK

髪のダメージが特に気になる方向けの洗浄成分になります。洗浄力があまり強くないのでオイリー肌の方はあまり向きません。

もちろん、ここの書いてある界面活性剤をいくつか組み合わせて作られている物もあります。

その場合、配合量が多い順に書かれていることがほとんどですので、どれを重視するかで選んでくださいね。

たくさんある中で、自分に一番合ったシャンプーを選び出すのは至難の業かもしれませんが、どのシャンプーにしようか迷った際に参考にして頂ければと思います。

Profile
Kenichi Shinohara

suplis hair design 店長の篠原です。
お客様のヘアスタイルからライフスタイルまで、快適にそして楽しくなるようなご提案が出来ればと思っております。
幅広いスタイル提案と手入れのし易いヘアスタイルを心がけていますので是非、一度ご相談ください。

Blog
つくばの美容室 suplis hair design
タイトルとURLをコピーしました